介護と医療は別の物であり、それぞれにサービスが異なるものですが、介護療養型医療施設を選択すれば介護と医療が同じ施設内で受けられます。主に重度の要介護者に対して医療の処置とリハビリを行っています。その上施設は比較的安めなので人気が高いのですが、介護施設ではなく医療機関ですのでいつまでもいられるわけではなく、病状が安定してきたと判断されると退所を求められます。医療やリハビリが十分に受けられるので良い所なのですが、あくまでも一時利用の場所と心得てください。

介護療養型医療施設は新設が廃止されている

ちなみに介護療養型医療施設は新設が廃止されています。その理由として、医療コストが高い事が挙げられます。医療費の高騰が叫ばれる中、いつまでもコストの高い介護療養型医療施設を新しく作るわけにはいかないという事です。ただ、現存している施設には入所可能です。ほとんど空いていないので入所はとても難しいものとなってしまいますが。

介護療養型医療施設に代わる新型老健とは

介護老人保健施設は以前からありましたが、以前のものはそこまで医療的なケアが質の高いものではありませんでした。新型老健は以前よりも医療的なケアが必要な方に寄り添った施設です。ですから通常の老健ではカバーできない状態の方が入所する事が多い様ですが、従来の老健よりも医師の数が少なくなった事などによるサービスの質の低下が懸念されています。
専門的なケアが受けられる様になったにもかかわらずサービスの質が懸念されるというのは矛盾がある様な気がしますが、省庁が医療費を減らすためにあれこれと新設したり廃止したりしている結果、現場の混乱を招いている様です。ですからご家族の入所の前に一度どんな所なのか確認しておくのが良いと思います。

暴力などが酷いと精神科への入院も

精神科もある意味で介護医療施設といえますが、あくまでも認知症が酷すぎて家族や介護職員が面倒を見切れないといった場合しか入院するケースはないため、決して終の棲家として期待できる様な場所ではありません。介護医療施設はあくまでも治療とリハビリが中心の施設であり、介護施設の様にQOLの維持向上などには関心が薄いので、症状が安定している人はあまり住んでいても楽しい所ではないと思います。あくまでも一時的な場所として利用する所だと頭に入れておいてください。