M&Aの成約率や成功する割合は、決して高いものではありません。これはM&Aの手続きを進めていく過程で発生する問題やリスクへの適切な対応ができないことが主な原因です。
M&Aは多くのプロセスにより成り立っています。そしてM&Aを失敗させないためには、こうしたプロセスをひとつずつクリアしていかなければなりません。
そこで、失敗のリスクを回避し、M&Aを成功させるために必要な重要プロセスとそのポイントについて以下見ていきます。

M&Aを成功させるために必要な重要プロセスとそのポイント

M&A戦略の策定

M&Aを失敗させないため、最初に行うべきことは戦略上のM&Aの目的を設定し、明確にしておくことです。何のためにM&Aを行うのか、どのように進めていくのかといったことをM&A担当者が認識し、共有することです。
この点が曖昧であると、M&Aが目的そのものになってしまい、とりあえずM&A契約は成立したが、その後何をどうしてよいのか途方に暮れてしまい、その結果M&Aが失敗に終わってしまうことになります。M&Aプロセスを進める過程で、今は何をすべきか常に問題意識を持つことが重要です。

M&Aアドバイザーなどの選定

M&Aを売手側・買手側企業だけで行っても、ほとんど成功することはありません。一般的にはM&AアドバイザーやM&A仲介事業者に依頼することになります。
選定する上で留意する点は、自社のM&Aについて理解しているか、経験は豊富か、パートナーとして誠実で適切な事業者かなどです。M&Aの成否を左右する重要なプロセスですから、報酬額が少なくてすむといった目先のことだけで判断しないことです。

トップ面談と交渉

中小企業におけるトップ面談と交渉は、儀礼的なものではなく、今後のM&Aを決定付ける実質的なものです。このプロセスがうまくいけば、M&Aが成約する確率はかなり高くなります。一方、ここでつまずくと、その時点でブレイクする可能性もあります。
面談では、双方トップの人間性や経営に対する姿勢、思いといったものの確認、疑問点の解消といったことがポイントになります。また、交渉では相手側の立場を尊重し、いきなり法外な買収価格を持ち出すことは控えるといった点に注意が必要です。

デューデリジェンス実施

M&Aでは、基本合意契約の締結までは売手側・買手側双方が共有する資料が、正確なものであるといったことを前提に話し合いを進めます。その後本格的な交渉・契約締結へと向かう前に、今まで提供された資料の信ぴょう性を調査する必要が出てきます。それがデューデリジェンス(DD)です。デューデリジェンスでは、その範囲がビジネス、財務、法務、税務、労務、IT、環境など多方面におよびます。
ただ、限られた時間、コスト、労力の中で効率よく実施しなければなりません。そのため、調査対象を必要不可欠なものに絞り込む必要があります。そして、公認会計士、税理士、弁護士といった専門家に丸投げせず、自社でできるものはできる限り実施するなど、できるだけ関与することが重要です。
デューデリジェンスの結果、問題がなければ、最終譲渡へと進み、問題が発生した場合、さらに交渉を行い、内容の修正、変更をするか、交渉を止めるかの選択をすることになります。M&Aの重要なプロセスの中でも特に重要ですから、細心の注意をもって実施することが重要です。

最終譲渡契約とクロージング上の重要ポイント

最終譲渡契約日と決済による終了(クロージング)は通常一致しません。この間に新たな問題が発生すると、契約内容の大幅な変更、後退、最悪の場合契約解除となりかねません。こうした予想されるリスクとその対策を、あらかじめ最終譲渡契約の条項に入れておくといったことが必要になります。

M&Aを失敗させてしまう要素とその対策を、主要なプロセスに沿って見てきましたが、その中でも特に忘れてならないものが、最初に行うM&A戦略の策定、つまりM&Aの目的の設定とその実現です。これなくしてM&Aの成功(裏を返せば失敗しないこと)はありえないのではないでしょうか。